<< コミュニケーションで心地よく。 | top | 興味を持って気になったら一気に! >>

松井守男氏「コルシカのアーティスト展」

青山スパイラルガーデンで開催されている松井守男氏「コルシカのアーティスト展」のレセプションパーティに行ってまいりました。

松井守男氏は、愛知県豊橋市ご出身でいらっしゃいます。

中部出身の私としてはそれだけでちょっと親近感…
お話しさせて頂きましたが、芯を感じさせる穏やかな物腰に、本物のプロは強さと心からの優しさが感じられると実感。

松井先生のディスコグラフィー、プロフィールはこちら。
以下公式サイトより引用
http://www.moriomatsui.jp/about/about.html
*******
芸術文化勲章(2000年)、レジオン・ドヌール勲章(2003年)の両賞をフランス本国で受賞した始めての日本人。
2005年愛知万博でフランス代表画家に選ばれ、2008年スペイン・サラゴサ万博で再度フランス公式画家に選出された(永久公式招待画家として認定)。
 
松井守男は、その技法からミケランジェロとダ・ヴィンチを、その光の描き方からエル・グレコを、その美感からドイツ人ロマン画家カスパール・ダーヴィト・フリードリヒを、そして「その自由さ・才能の多様さを世間に認めさせたことから、かつて出会ったことのあるパブロ・ピカソを師と仰いでいる。
*****

略歴も輝かしいです…
以下公式サイト引用
http://www.moriomatsui.jp/about/profile.html


フランス大使館がバックアップして今回の展示会に至りました。
2009年の大作・新作と、現在お住まいのコルシカ島の新進気鋭のアーティストたちの作品を紹介して下さっています。
文化交流ですね。

今回そのコンテストで優勝したJosiane Pape(ジョアンヌ・パップ)氏。

絵画は抽象画を思わせるタッチ。
見る人にとってどんな印象にも捉えられる、ある意味自由な作品でした。

ジャズピアニスト山下洋輔氏の挨拶。(一番右)
松下氏のCDジャケットを飾ったそうです。


そして今回の主役松井先生の作品は、柔らかく流れるような曲線と、クリアなグラデーションが美しい絵画。
絵画には一つ一つメッセージが含まれていて、よく見ると「愛」や「感謝」などといった言葉が書きこんであるほか、白い絵の具で、「人」という文字が絵画全体に描かれています。
「人」と「愛」、ありがたさなどを絵画を通じて教えて頂いているようでした。

会場は撮影可能だったので、一部のみ掲載。


これは作品の隅っこ。
なんでしょう?

なんと横断幕か緞帳のような絵画なんです!

後ろからみた様子。
縦3メートル、長さ10メートルはあったでしょうか。
始め見たとき布だと思ったのですが、よーくみてみるとキャンバスに点描画のように絵具を点で塗り込めた絵画でした。

これには圧巻…
今年の1/4からスタートし、完成するのに半年かかったそうです。
コルシカ島で、毎日こつこつ描き上げたそうです。

作品タイトルは「復活」でした。

上海からきた歌手のライブもありました。

歌手の方の後ろにあるのが、緞帳のような絵画です。
本当に大きい!

レセプションに参加した皆様と会話を楽しみながら、美術鑑賞をした贅沢な時間でした。
絵画は色の組み合わせ、使い方がとても勉強になります。

会場にはフォーリーブスの長田栄二さんがいらっしゃってました!



ECOLE de Morio Matsui
http://www.moriomatsui.jp/
aroma-color | 楽しいイベント | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH