<< パーソナルカラー診断ベーシック講座。それだけでなく。 | top | コミュニケーションで心地よく。 >>

ポスター文字の読みにくさ

とある駅の柱に貼ってあったポスター。
駅ポスター
上の文字がよみにくい!
赤×緑がハレーションを起こしてしまってかなり見にくくなっています…


補色配色はお互いの色を引き立てあう組み合わせなので、目立たせようと思って作ったのだと思いますが…
大事なメッセージを伝えるポスター、これでは効果が半減です。

近くで確認しても目がチカチカしました。
駅ポスター

ハレーションは補色配色だけでなく、明度(色の明るさ)が近いと起こる現象です。
ビビッドな赤×緑の補色の組み合わせは、補色な上、2つの色の明度が同じなので一番ハレーションが起こります。

どうしてもこの組み合わせを遣いたいのなら、背景と文字の間に白を挿入させ、赤×緑をセパレートさせるべきです。
白いペンを持っていたのなら、今すぐこのポスターの文字に、白い縁取りをしたいところでした。


注意を促すポスター、作るときは色の使い方、配色に要注意ですね!
aroma-color | 色の雑学・知識・お話 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH