<< お洒落踏台「lucano(ルカーノ)」 | top | 吉祥寺炭火焼グリルバーガー「GONO」 >>

HIROKO KOSHINO 2010Spring-Summer Collection

素敵なマダムにお誘い頂き、「HIROKO KOSINO 2010 SPRING-SUMMER COLLECTION」のショーをみに行ってきました。


これはPASSですが、デザインがおしゃれですね。
蝶々をイメージしているのかな?とデザインに期待が膨らみます。
会場へ。


ランウェイ脇に座り、ショーのスタートをワクワクして待ちました。
モデルが着ていた服は…やはり蝶の柄をイメージしたものでした。
ゆらゆらと蝶々の羽さながらにゆれる軽やかな布。
一枚一枚手染めだときき、その繊細さに感動します。

色も鮮やかなものから淡いもの、暖色・寒色と色とりどりで、本当に蝶が舞っているような服でした。

「和」と「蝶々」が融合したデザインもあり、折り紙やのしをイメージするような「折り」がふんだんに使われたワンピースもありました。
構築的で斬新でした。

本当は今すぐ画像でお見せしたいところですが…
また公式サイトでレポートがあると思うので興味がある方はご覧下さい。
http://www.hirokokoshino.com/


デザインは、自然がもたらす美しいデザインからイマジネーションを得たとのことですが、実生活でも着られそうなものばかりでした。


デザイナーのHIROKO KOSHINO氏は今年で72歳。
1993年にパリ・コレ参加を中止してはや15年になりますが、今年から復活されています。
このバイタリティと、デザイナーとしてのセンス、クリエイティビティには見習うべき点がたくさん!!
とても刺激になりました。


ショー後はマダムと食事へ。
コレクションのデザインの話しのほか、HIROKO KOSHINO氏を通していかに生きるかについても御教授!?頂きました。

仕事としてやりたいこと、使命、発信したいこと、役割、意義。
自分が実現したいと思っていること、満足、目的。
ショーとマダムの話しを通じて考えさせられることがさくさんあった日でした。



会場にあった花。
いま話題の鳩山由紀夫氏から。



マダムからのお土産。

ソニア・リキエルが絶賛したというショコラティエ、Christian Constant Paris(クリスチャン・コンスタン パリ)のパト ドゥ フリュイ。
ちょっとしたお土産にも、センスって大事ですね…。
aroma-color | 楽しいイベント | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH