<< L25「風水サインドイッチ」続き | top | 2009年AWファッション傾向 >>

また昆虫採集へ〜

前回に続き、また昆虫採集してきました。
以前の記事は こちら 。
 


「昆虫採集なんて意外!!」
と言われることが多いですが、昆虫の生態とか生き方にとても興味があって観察しています。
私たちは当たり前ながら人間の世界が中心となった生活をしていますが、昆虫をよく見ると彼らも一生懸命生きているのがわかります。
そこになんというか・・・人生観をいろいろ重ねて考えたりするのが面白いなーと。
もちろん、昆虫もつかんで観察もします。笑

今回は熱海方面へ。


建物の玄関口にいたシンジュサンという蛾。
めずらしいそうです。
手を開いたくらいの大きさ。


胴体がぷっくりしていますね。

模様と形がきれいだと思います。
ブローチや蝶柄デザインの参考になりそう!

ちなみに調べたら、幼虫が不思議な色。
参考ページ↓
(いもむしとかダメな方は見ない方がいいかも?)
http://myhill.wetwing.com/autumn08/shinjusan.html

幼虫のがキレイだわ…
蛾は成虫になると、茶色ばかりなので、私的にはちょっと残念なんです;

他にも里黄まだらひかげ蝶。


彼女は身重だったので、写真だけとって自然に返しました。


甘い樹液に群がるカナブン。

樹液の匂いは酢のすっぱさと甘さが混じったような香りがしました。
彼らは一心不乱に吸っているので、やっぱりおいしいんでしょうねぇ。

アブ。

コレに刺されるといたいんだよね・・・!
こうやってみると結構大きいな。
アブは漢字で書くと「虻」
なぜ、虫が亡くなると書くんだろうといつも思います。

蛇の目蝶。

蛇の目の模様がきれいですね。

蝶を追いかけていましたが、スズメバチを発見して場所を移動することに。


途中で見えた富士山。

白い帽子をかぶっているようで、これまた美しかったです。

今度は水辺へ。


とんぼがとんでいたので、狙います。


とんぼは水面をぐるぐると回っていいます。
同じルートを通る習性があるそうなので、それを利用して捕獲します。
縄張りもあるようで、よく見ていると水面で喧嘩している姿も見られました。

捕獲できたのはシオヤトンボ。

シオカラトンボの仲間ですね。
蚊を食べてくれます。

ギンヤンマもいたのですが、これがなかなかすばしっこくて捕まえられませんでした!
たも網があることを学ぶと、そこを上手に避けて通っていました。
すごいな、昆虫。


都会では敬遠されることの多い虫ですが、彼らがいて自然が成り立ち、たどっていけば人間がなりたっているといってもいいのでは?と思います。
虫が住める環境を守っていきたいなぁと思ったのでした。
aroma-color | 楽しいイベント | 13:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
あつ子さん、虫触れるんですね〜!!
男らしいわぁ(゜ρ゜)

大人になってからの虫獲りは、童心に帰って純粋に楽しめそうですね☆

posted by みっしぃ. ,2009/08/16 6:57 PM

>みっしぃ.さん
大人になると、虫って苦手になりますよね。
あの無邪気な気持ちで虫と遊んでいたころが懐かしく思えます。

子供の感覚と大人の感覚では同じ昆虫採集でもなんだか違います。
成長するってこういうことかなー?なんて思ったりして・・!?

posted by あつ子 ,2009/08/24 11:36 PM










Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH