<< ヒアルロン酸飲料「pururi」 | top | イタリアンレストラン アクアティコ >>

青いお皿

お気に入りの鮨屋に行ってきました。

そこで頂いた品々。

↑黒鯛


↑しめ鯖


↑だし巻き卵

どれもおいしそうですね。
そしてどうしても私が目がいくのが、お皿とお鮨のカラーコントラスト。
食べ物のお皿に青を使うのは一般的ではありませんが、今回は面積の少ない透明感のある青い筋の入ったガラス皿を使っていました。

このお皿の寒色系と食べ物の暖色系のコントラストがほどよいバランスで、頂く前にその配色の美しさにちょっと見入ってしまうほどでした。

青の分量が少なく、青自身が透明でキラキラしていること。
お鮨のネタも、新鮮で艶ときらめきがあること。
お皿の透明な部分も涼しげに輝いていること。

色バランスと、輝きの効果で視覚的にも目で頂けるお鮨でした。
味だけでなく、おいしく頂けるような演出も大切ですね。
aroma-color | color_blue | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH