<< お金がたまる財布を買うなら今! | top | シック「クアトロ4ウーマントリムスタイル」 >>

騎馬スペクタクル「ZINGARO(ジンガロ)」

1/24〜3/26まで騎馬公園内で開催されている、ジンガロを観に行ってきました!

 
フランスが生んだ、馬と人の騎馬スペクタクル。
38頭の馬が躍動する、音楽と舞台の熱狂的マリアージュ。

こんなコピーがついているものだから、どんなものかとワクワクしながら足を運びました。

2005年に来日したときは神秘的で”静”を感じさせる「LOUNGTA(ルンタ)」だったそうですが、今回の新作「BATTUTA(バトゥータ)」は一変して”動”を感じさせるステージでした。

パンフレットより抜粋・・・
自由を謳歌する有望民の躍動する生命力を描いた新作「バトゥータ」。
ユーモア、ロマン、欲望、嘲笑、希望、不条理など、
人生のさまざまなエッセンスをルーマニアの楽団の生演奏に合わせて表現し、
奇想天外かつエネルギッシュな展開で観客をくぎづけにする!
・・・


その通りでした。
毛並みが美しく、がっしりした馬に人がまたがり、ジャンプしたり踊ったり。
走る馬の上に立ったり、馬の背中からおなかをくぐりぬけるパフォーマンスもありました。

舞台では馬がエネルギッシュに走り回るので、風が起きます。
土が客席まではね飛び散ります。
ステージと一体化した客席も魅力でした。


馬とともに生活をしていたヨーロッパではあたりまえの光景かもしれないのですが、私たちにはなじみが薄いのも、また興味をそそる要因。
美しく気高く走る馬たちに見入ってしまいました。
(あ、乗っている方も王子様みたいな方がたくさんいましたが・・・笑)

馬はナーバスな動物だと思っていましたが、とても慣れている感じでした。
飼う、というより、人間と人生を共にしているパートナーというイメージ。
鳴いたりしないけど、美しく輝く瞳としなやかな体つきから気高さが感じ取れました。
馬だけど、馬じゃない、なんというか、人によりそう凛とした動物。
うまくいえないけど、人と馬の一体感・信頼感が両者の関係を品あるものに見せていたように思います。


ルーマニアの遊牧民の生演奏も素敵でした。
ちょうど真後ろで演奏していたので、音色ひとつひとつが体にしみいるよう。
軽快で陽気な音楽が、舞台をさらに盛り上げていました。
振り返ると、演奏者の方と目があいます。
そのたびにウィンクをしてくれたり、帽子をあげたりとサインを送ってくれるので(笑)、私も思わずサイン返し。
些細なことですが、公演の参加者になった気分でしたよ!


そんなこんなで、ずっと手をたたき、拍手をし、驚き、笑ってとあっというまの約1.5時間でした。




ジンガロを統括しているBartabas(バルタバス)氏のコメントをパンフレットから抜粋すると・・・

―見どころは?
 ジンガロは馬と人間のスペクタクルですから、スピード感やリズム感はとても重要です。
馬を絶え間なく走らせて、一気に突き進んでいく。
感っ客が息をのんだかと思ったら、次の瞬間にはもう終わっているような、そんな構成を考えました。
 音楽も重要な要素です。「バトゥータ」ではルーマニアの遊牧民が演奏します。
国境を越えて旅を続ける彼らの自由な発想は私たちと似ています。
もともと彼らは、誕生、結婚、そして死に至るまで、すべてを音楽にしてしまいます。
ですから、「バトゥータ」は、生を謳歌する作品なのです。
 ともかく、考えるよりも体で舞台の楽しさを感じてほしいと思います。
私は分析しなければならない舞台を作っているわけではないのです。
皆さんに自由に楽しんでいただきたい。
ジンガロシアターのテントでお待ちしています。

・・・(以上)

バルタバス氏のコメントどおりの舞台で満足でした!



ちなみに、舞台の最後、、、(ネタバレになるので見たくない人は見ないでね)

↓↓↓

馬が水浴びをします。
約1.5時間走りっぱなしなので、体が熱いのでしょうね。
降り注ぐ水を大胆に背中にかぶる馬が美しかった!!!
で、馬はずっと熱い状態でいるので、会場は暖房があまりきいていません。
行きたい!という人は暖かい格好をしていってくださいね〜

↑↑↑





もうひとつの楽しみは、待ち合いの会場。
開場前、公演後に飲食できる会場が舞台テントと別にあるのですが、ここで頂くワインやクラムチャウダー、サンドウィッチなどはなかなか美味。
おいしく頂いてから、また興奮したあとここで語らうのもヨシです。

特別協賛としてエルメスがついているので、エルメスブースも見ものです。
エルメスって馬具からスタートしていますよね、たしか・・?



馬の木彫りは圧巻。

エルメスの品もいくつかおいてあり、楽しめました。



ジンガロ、人気があってだんだんチケットが手に入りづらくなっているようです。
大人なエンターテイメントを楽しみたい!という方は、ぜひ足を運んでみてください。
あと少しの期間しかないので、お早めにどうぞ〜!



騎馬スペクタクル「ジンガロ」
http://www.zingaro.jp/
aroma-color | 楽しいイベント | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH