<< ロックミュージカル「スーザンを探して」 | top | 東京メトロ マナーポスター「家でやろう」 >>

留学生に集中講義「カラー講座」スタート

去年の夏に短期集中講座でお世話になった東京国際ビジネスカレッジ
留学生が日本の”ビジネス”について学ぶ学校です。
以前は2年生を担当させていただきましたが、今回冬の集中講義では1年生を担当させて頂くことになりました。
 
今年1月はじめに、ワールドビジネスサテライトで”パッケージの色が売上を左右している”というニュースが放送されました。


その時の番組を真剣に見る学生。

色を学ぶことはビジネスを知る上で重要だということで、今回は1年生からカラー講座を学ぶことになりました。

確かに売れる色には統計的にある程度の”王道”があります。
商品に合わせて、イメージの訴求性やセンスある配色、色彩心理の活用、機能性などを視野に入れて「色づけ」されなければなりません。
それらを無視した着色は、商品の売れ行きを悪くしてしまう可能性があります。

特に人の情報は89%が視覚からといいます。
見た目が重要ということは、色が人に与える影響力は多大だと言わざるを得ないでしょう。

将来、商品のことだけでなく、見やすい企画書づくりや自分のセンスアップのために、そして日本の文化を学ぶという意味でも役立つ知識だと思うので、留学生のみんなにしっかりとカラー講座を講義させて頂きたいと思っています。


第一回目は色の基礎知識。
色の三属性(色相、明度、彩度)を学び、色の表わし方を学びました。
カラー講座というと、感覚的で簡単そうと思われることもありますが、理論的なところもたくさんあります。
初めてカラーの勉強をして、結構難しいなぁと思った学生もいると思います。
難しいところをクリアすれば、あとは一定の法則で色を扱えるのでしっかり知識を落としこんでくれるといいなと思います。

実習もしました。


実際にカラーカードを触って、色に触れます。


明度が高いからこの色かな・・・彩度はどうだろう?と考え中。



カラー講座を学んでよかった!と言ってもらえるよう、有意義な集中講義をしたいと思います。
aroma-color | お知らせ | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH