<< ローズ蒸留体験 | top | ハーブウォーター「ローズウォーター」 >>

人づきあいのレッスン 自分と相手を受け入れる方法

トレンダーズよりモニターに選ばれ、和田裕美さんの「人づきあいのレッスン」という本を読ませていただきました。

人づきあいのレッスン 自分と相手を受け入れる方法
著書:和田裕美
出版社:ダイヤモンド社
 
和田さんは外資系教育企業のフルコミッション営業で、プレゼンしたお客様の95%から契約を頂いていたとのこと。
日本では売上トップ、世界142カ国でも第2位の偉業をお持ちの方です。
こうやってきくとバリバリキャリアウーマンだろうな〜と思うのですが、実際本を読んでみると、物腰が柔らかく、かわいらしく上品な女性という感じでちょっとビックリします。

主な内容は
<言葉と行動のレッスン>
■コミュニケーションがうまくいく言葉の使い方
・「照れくさい」ことをふと気づいたように言ってみる
・どうしても注意したいときは「横耳」に聞かせる
・カチンときたら「ちょっとトイレ」

■好かれる空気のつくり方
・いい空気がつくれないときは正直に理由を説明してしまう
・空気が読めない人には、あえて空気を破ってあげる

■人に好かれる行動の秘訣
・褒めても逆効果な人は「目」がいかんのです
・相手があなたに優しくなる断り方

<心の持ち方のレッスン>
■苦手な人を受け入れる方法
・嫌いな人がいてくれたから、好きな人がいる
・厳しいことを言っても愛される人

■もっとお互いにわかり合う
・初対面の人の「想像印象」を裏切ってみる
・プライドが高い人ほど実は謙虚になれる

■誰でも幸せの種を持っている
・好かれる人になる一番の条件
・許すこと
・親を好きになれないとき

など。
タイトルを見ているだけでも惹かれませんか?
難しいことをいっているイメージがないので(実際読んでみて難しい内容ではありませんでした)、どれもすぐに実践できそうな内容なのです。

読みながら、いくつかうなづいたくだりがあったのですが、その中で気になったものをピックアップすると・・・

・長く一緒にいる人でもわかったつもりになってはいけない
これはそのままですね。
長くいればいるほど「わかってくれてるよね」という気持ちがどこかしらにあって、コミュニケーションが軽くなってしまったりする。
その結果、結局わかりあえてなかった・・なんて経験皆さんもあるのでは?
私にもあります。
”親しき仲にも礼儀あり”ではないですが、重要なポイントだと思います。
わかっていてもできていないことなので、身近で大切な人たちに”わかったつもり”のコミュニケーションをやめて、ちゃんとありがとうや思いを伝えることをしたいと思います。

・過去の行動があなたのイメージをつくっている
今までの行動からレッテルが貼られることがある。
時間が遅れた、や、ミスをしたなどいつもすると「あの人はルーズな人」となる。
あの人はルーズだから声かけるのやめよう、となってしまったらご縁がなくなっていってしまいそうでもったいないです。
もしきちんとした人なら、少し時間が遅れたところで
「きっとくるから待っていよう」
と相手も余裕をみてくれるようになります。
信用されているってこういうことですよね。
「信用は一回でなくなるけど、築くには積み重ねが必要だから根気がいります。」
とかかれていましたが、その通りですね。

私もフリーランスという仕事柄、締め切りやホウレンソウ、時間などには注意を払っています。
仕事は信用が一番なので、そこがなくなってしまったらお仕事もなくなってしまう!
今一度身を引き締めたいと思います。

・一杯のコーヒーにむかつくのはなぜ?
イライラした気持ちを引きずってすごすと、全てがいらいらムカついた状態になってしまうという話し。
一杯のコーヒーがまずく感じたり、店員さんの態度にムッとしてしまったり。
これもまさにしかりですね。
「怒っていても笑っていても自分の時間なのですから、深呼吸してへへへと笑って過ごした方がお得です。」
”へへへと笑う””お得です”のくだりに脱力しましたが(和田さんの人柄が出ていますね)、まさにその通りです。
私はイラっとしてしまうと、感情を引きずるタイプです。
周りに迷惑をかけることもあるので直さなければ・・・
わかっているなら直せという話ですが、感情に支配されてしまうのですね。
そういう時和田さんは
「なぜイライラしているか、理由を話しておくとよい」
とアドバイスしていました。
「満員電車で足を踏まれたけど、その人謝りもせずあっけらかんとした顔で降りていって腹が立ってるの!
もう少ししたらおさまると思うから、ごめんね」
など、いうといいそうです。
なるほど〜早速実践しよう。

そして、「自分の世界は自分がつくっている」とも言っていました。
これにも共感。
自分の感情や価値観で世界をみているので、自分の今起こっていることや人間関係、環境はまさに”自分がつくっている”ということ。
心や行動のありようで、その世界も変わってくるということですね。

私はいつもニュートラルに、ときどき前向きにこの世界を泳げたらいいなと思っています。
そうなれるよう、自分を大切にし、人を受け入れ、誠実に生きていきたいな〜と思いました。


なんだか話がとんで深い話になってしまいましたが・・・
逆に深いところまで考察できる本ということですね!
大変読みやすかったので、和田さんの他の本もぜひ読んでみたいと思いました。


人づきあいのレッスン 自分と相手を受け入れる方法は
こちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4478004048/
aroma-color | 日記・ブログ | 10:30 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
深い内容をサラリと分かりやすく書いている本ですね〜。
私も書店で思わず手に取る著者のお1人です。
数千円の経費、数時間の所要時間で、気持ちがスッキリするのだから、素敵な方の本ってイイですよね☆

posted by 深起 ,2008/06/18 4:15 PM

ご無沙汰しております!
素敵な本のご紹介,ありがとうございます.
丁度今月から人事異動になり,今までと比べて人とのかかわりが増える仕事になりまして,色々と思うところがありました.
早速読んでみたいと思います.
素敵なご縁をありがとうございました(^^).

posted by リラ ,2008/06/18 10:22 PM

こんにちは、株式会社ペリエ(和田裕美事務所)のスタッフ住田です。
新刊をお読みいただき、本当にありがとうございます!

すごい細かく内容を紹介していただいて本当にありがとうございます^^

これから新刊が続々発売されますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。
http://www.perie-net.co.jp/2008/06/newbooks_200806.html

posted by ペリエスタッフ住田 ,2008/06/19 1:04 PM

>深起さん
気付きのある本は考えさせられるし、触発されますね!
ビジネス脳をお持ちの深起さんは、たくさんいい本を読んでいるだろうから、今度オススメの書籍を教えて下さい♪

posted by あつ子 ,2008/06/19 11:11 PM

>リラさん
人事異動があると、環境や人間関係の変化が大きいですよね。
そんなときこそこの一冊!!
ぜひお手にとってみてください♪

posted by あつ子 ,2008/06/19 11:12 PM

>ペリエスタッフ住田さま
はじめまして!
つたないブログにご丁寧にコメントを下さいましてありがとうございます。
とてもよい一冊に出会えました。
著名な方々も読んでいらっしゃいますので、勉強になる要素がたくさんつまった本なんだなと改めて思わされました!

posted by あつ子 ,2008/06/19 11:14 PM

和田裕美さんの本はずっと前に読んだ2冊を持っていて、先日こちらの「人づきあいのレッスン」を買ったばかりです。
まだ新しい本がいっぱいあるので、読み始めていませんが、あつ子さんのわかりやすい紹介文を読んで早く読みたくなりました♪
和田裕美さんの本は読むと前向きになれて好きなんです^^

posted by yumi ,2008/06/21 9:01 AM

>yumiさん
和田さんの本は本当に人気ですね〜
こちらの本が一番傑作とおっしゃっていた著名人もいらっしゃったそうですよ。
文章も読みやすく、頷くことが多い一冊で、みんなに教えたくなりますよね♪

posted by あつ子 ,2008/06/23 1:34 AM










Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH