<< 東京コスメティックコレクション<その2> | top | 男性の方へ!女性が好感を持つワイシャツの色 >>

精油の化学〜分子模型〜

ナードアロマテラピー講座では「精油の化学」として分子構造について講義があります。
この一コマの授業は、好き!と嫌い!がハッキリ分かれるところですが・・・
授業内では、原子・分子とは何かということからしっかりと講義させていただいています。

この日の生徒さんは、講義は”難しい・・・”と眉をヘの字にしていたのですが、分子模型には興味深々。
パズルは好きとのことで、分子はパズルに似ているね、という話から実際に分子構造を作っていただくことで理解してもらう流れとなりました。


炭素(C)と水素(H)がどうやって組み合わさるか考えながら。

出来上がったのはベンゼン環です。
(ベンゼン環については こちら:通信用語の基礎知識サイトより引用)

こちらのが分かりやすい〜と次にできたのがモノテルペン炭化水素類で、単環性化合物のリモネン。
(リモネンについては こちら:生薬、薬用植物(薬草)と身近な野生生物(野草)のページ(木下武司ホームページ)サイトより引用)

あ、今できあがりを見てみたら、ちょっと違っている・・・(^^;

複雑なものにもチャレンジ。

モノテルペン炭化水素類で、鎖状化合物のミルセン。
(ミルセンについては こちら:Wikipediaサイト引用)


講義だけではなかなか理解しにくい場合は、体験体感するのが一番です。
ナードアロマテラピーは化学があって難しい・・といわれていますが、まったくそんなことはないですよ!
人間の身体も原子からできていると思うと、とても奥深いです。

化学構造を知ると”なぜ精油は直接肌につけてはいけないのか”、とか、”なぜ精油の香りは飛びやすいか”などが分かります。
アロマセラピーに興味がある方は、ぜひナードアロマテラピー協会で講座受講してみて下さいね♪

私はこちらのスクールにいます。
ナードアロマテラピー協会認定校 ラ・ピュルテ
http://www.lapurete.com/
aroma-color | 香りの雑学・知識・お話 | 10:30 | comments(6) | - | - | - |
Comment
私も、CIDESCO認定アロマセラピストの試験勉強で化学組成勉強しました♪
懐かしいです。

posted by mimi ,2008/04/15 9:27 PM

>mimiさん
化学を勉強すると、アロマの知識が深まりますよね。
もっと詳しく勉強したいなと思います!

posted by あつ子 ,2008/04/15 9:59 PM

おぉ!パズルみたいで楽しそう!
(って,不謹慎でスミマセン(笑))

実は高校の時,化学の時間が一番好きで,化学変化とかワクワクしていました♪
懐かしいです..
化学もアロマと結びつくと,より優雅で素敵な感じですね♪

posted by リラ ,2008/04/15 10:47 PM

アロマは、化学の部分まで勉強するんですね??
びっくりです。

私もリラさんと同じように化学好きなので(笑)
高校でこの模型を持ってたきがします。

化学からアロマに興味〜って方向性もあるのかなーっと思ってしまいましたw

posted by zou ,2008/04/16 1:27 PM

>リラさん
もしかしてリラさんは理系?
化学が一番好きだったのですね〜
当時私は苦手でした・・今更ながらもうちょっとやっておけばよかったと思った次第です;

でも分子模型はまさしくパズルですよね!

posted by あつ子 ,2008/04/18 1:32 AM

>zouさん
zouさんも理系?
模型はさわりだすと面白くなりますよね♪

化学からアロマに興味を持ったという人・・・
いるかもしれないですね。
私の周りにはいませんが・・・(^^;ゞ

posted by あつ子 ,2008/04/18 1:33 AM











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH