<< 大分 香りの博物館プレオープン | top | 職場にもプライベートにも活かせる社員研修 >>

ジェイコブス・クリーク テイスティングパーティー in NOBU TOKYO

お友達に「Jacob's Creek TASTING PARTY in NOBU TOKYO」に連れて行っていただきました♪

その様子をレポートしたいと思います!
(大変長いですけど・・・お時間があればお付き合い下さい)
 
醸造責任者フィリップ・ラッファー氏が来日し、虎ノ門のレストラン『NOBU TOKYO』で行われたパーティ。
会場にはオシャレした女性がたくさん!

気分も盛り上がります。

さて、テイスティングするのは6種類。
すでにグラスがテーブルの上に山ほど並んでいてビックリ。


よく見るとブックには、フィリップ・ラッファー氏の直筆サインが。

ホスピタリティあふれるおもてなしに期待が高まります。

まずはウェルカムドリンク。
JACOB'S CREEK CHARDONNAY PINOT NOIR NV。

フレッシュでさわやかなシャンパーニュ。
説明を聞くと2つの葡萄よりつくったもので、飲んだ後はソフトな感覚、口に含み飲み込んで5秒後はすっとなくなります、とのこと。
エレガントな味わいで、フィニッシュは優しくクリーンということですね。


アミューズは活きたことホタテのティラディート。

下の緑のものはこんにゃくかと思えばおきゅうと。
タコやホタテと合ってあっさり上品な味です。
これはJACOB'S CREEK RESERVE RIESLING 2006と一緒に頂きます。
リザーヴリースリングは柑橘系でライトな口当たり。
説明をきくと、リースリングは高級白ワインのブドウで、ドイツ産のやや甘口が主流ですが、これは辛口に仕上がっているとのこと。
樽を使っていないので、よりさわやかさが感じられるそうです。
確かにワイン独特の樽の香りがしなかったのが印象的でした。

お料理とは、コントラストがきく組み合わせで頂きました。


次はサーモンのグリルと車えびのサシミサラダ。
サーモンはレアでうまみがしっかり感じられます。

ドレッシングはトム・クルーズも好みのものなんですって@@

これはJACOB'S CREEK RESERVE CHARDNNAY 2005と頂きます。
香りは樽や果実、ちょっと香ばしい香りがmixされているように感じました。
味はフルーツを感じ、まるい味・・・ウォームリーでソフトなイメージです。


説明では、香りは複雑、味わいは白桃、メロン、柑橘系果実のフレッシュフレイバーが、フレンチオークたる由来のナッツや杉の木のフレーバーによく調和している、とのこと。
ソフトでクリーミーな口当たりで、フレッシュな酸味を持つバランスの取れたワインだそうです。
ワンランク上のシャルドネを使っているそうですよ。

お料理とは、コンプリメンタリー(相乗的)な組み合わせなのだそうです。
本当にこのドレッシングはアクセントがきいておいしかった!


メインです。
黒毛和牛のフィレ肉のグリルとフォアグラのソテー テリヤキバルサミコソース。

この和牛が驚くほどやわらかくてビックリ。
(フィリップ・ラッファー氏も絶賛していました!)
味わいも豊かでフォアグラととろける感じで頂きました。
バルサミコソースもお肉やフォアグラの味を邪魔しない味です。

ワインはJACOB'S CREEK RESERVE SHIRAZ 2004。
樽や煙、スパイス、ミントの香りが素敵でした。
説明では、胡椒のスパイシーな香り、プラムの香りでフレイバー豊かに仕上がっており、バルサミコとの相性が良いとのこと。
シラーズはフレイバーが強いので料理とあわせるのが難しいのですが、ジェイコブスのはエレガントなので料理とあわせやすいとのこと。
へぇ〜
ブラックベリーとチェリーの強い風味も印象的でした。
向かいに座っていた方も香りをかいで
「ベリーが豊かね」
といっていました。
スパイスとの複雑な味わいがいい赤ワインでした。


最後はNOBUスタイルロール寿司と厳選握り寿司。
画像にはないですが、赤だしもついていました。

一番奥のソフトシェルクラブロールが思いのほかあっさりしていて美味でした。
これにはJACOB'S CREEK STEINGARTEN RIESLING 2006をあわせていただきます。
このワインは日本未発売なのだそうです。
このイベントのために空輸した逸品で、一番誇りに思っているワインとのこと。
オーストラリアで一番有名なリースリングで風味はレモンを感じるため、寿司、刺身にレモンをかけるイメージでこのワインを頂くといいそうです。
組み合わせが良いということですね。

確かにライムとスパイスのようなさすような刺激のある香りですが、頂くとピリリとした酸味の後にサッパリとした感覚がやってきます。
少し発泡しているところが、リッチな気分にさせてくれますね。
後味スッキリ感にも拍車をかけているように思います。
ワインがレモンがわりなんて・・なるほどですね〜!


デザートの前にフィリップ・ラッファー氏とHanako編集長との対談がありました。

オススメはスタインガーテン リースリング2006。
これは若いうちに頂くのもいいですが、1年たってもおいしく頂けるいいものですよとそのよさを伝えて下さっています。
リースリングやシャルドネといったコアレンジの一つ上のランクでプレミアレンジを作るのは難しい点がいくつかあるが、品質を選んでつくっていると語っていらっしゃいました。
(確かそういっていたような・・違っていたらごめんなさい;)


デザートはこちら。

お皿のキャンバスに描いた絵画みたい・・!?

最後にJACOB'S CREEK SPARKLING ROSE NVと一緒に。

色合いがソフトなピンクなので、女性には人気のようです。
これはチョコレートと相性の良いスパークリングワインだそうですよ。
チョコレートの舌に残る味を、スパークリングでクリーンにしてくれるということらしいです。
柑橘系アロマとベリーの香りが調和し、味わいもエレガントと説明がありました。

そして気づいたらテーブルの上はすごいことに。

グラスの山。
一人一本分は飲んだことになるのでしょうか。
ランチでこれはかなりのボリュームですね(^^;ゞ


私はワインが大好き!とか味が分かる!というわけではないですが、今日頂いたものは大変おいしくいただけました。
NOBU TOKYOのお料理ともあっていたからでしょうか。
お料理とワインのバランスって大切なんですね。
これを機にオーストラリア産ワインもおいしく頂こうと思いました♪

JACOB'S CREEK(日本語サイト)
http://www.jacobscreek.jp/

お土産には最後に頂いたロゼを一本頂きました♪

楽しみが増えました〜


当日は撮影も入っていましたよ。
Hanakoに掲載されるのかな?


そしてフィリップ・ラッファー氏と。

海外の男性は、必ず一緒に写真をとるときはガッチリと女性の肩を抱きますよね(笑)
aroma-color | 楽しいイベント | 11:28 | comments(4) | - | - | - |
Comment
あつ子さん♪

これ、私も行く予定だったんです〜。
でも、急性胃腸炎で、断念・・・(´;ω;`)

ワインもお食事も美味しそう。
ステキなイベントだったんですね&#9825;

posted by れな。 ,2007/11/30 9:40 PM

すごく素敵なパーティですね!
お料理の写真がとっても美味しそうです♪.
最後のお寿司が意外でした!

私はワインは全然詳しく無いのですが,ずいぶん前に旅行でオーストラリアに行った際,初めてオーストラリアワインをいただいて,その美味しさとリーズナブルさにハマッてしまい,しばらくの間,オーストラリアワインばかりいただいていた時期がありました(笑).
とくにシャルドネ(といっても,たくさん種類があるのでしょうが(笑))が,樽の香りが濃厚で美味しい気がします♪.

posted by リラ ,2007/11/30 9:44 PM

>れな。さん
急性胃腸炎!?
大丈夫ですか・・・???
さすがにそれではお食事もお酒も・・ですね;

これは素敵なイベントでしたよ〜
またどこかで開催されると思うので、それを楽しみに・・☆
そしてまたこういうイベントでばったりお会いできそうですよね^^♪

posted by あつ子 ,2007/12/01 12:49 AM

>リラさん
料理だけ見ているとお寿司は意外な感じなのですが、NOBU TOKYOのインテリアはモダンジャパニーズだったのでそれを見ているととってもしっくりくるんですよ!
味もワインとぴったりでした。

リーズナブルで美味ときたら、手が伸びないわけはないですよね。
自分のお気に入りが見つかるとうれしいものです♪

posted by あつ子 ,2007/12/01 12:53 AM











09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH