<< 農場で、ダマスク・ローズを摘む! | top | 眼に良いハーブ >>

ローズの成分あれこれ

昨日のローズ摘みの続きです。
蒸留して得られたローズ・ウォーターは豊かであまくうっとりする香り。
ウォーターですが、しっかり精油ローズの香りもします。
私はいつもはプラナロム社か健草医学舎のローズウォーターを使っています。
精油を入れなくてもこんなに香るハーブウォーターですが、ベルギーから輸入しているプラナロム社のローズ・ウォーターは香りにばらつきがあるため、精油を1滴以下入れて香りの補正をしているときいていました。
0.05〜0.02%になるよう調整しているそうですが、ローズの香りとなる元、フェニルエチルアルコールという成分が水に溶けやすいこともその理由のようです。

バラの主要成分はα-ダマスコン、β-ダマスコン、ローズブラン、ネロリオキサイドなどがあります。
ネロリオキサイドは0.5%と閾値が低いのですが、精油の香りに大きく影響を与えているそうです。

いろんな成分が混ざり合って、複雑でふくよかな香りができているのだな〜と感心。
「香水はローズに始まりローズに終わる」といわれているほど。
香り好きな人は、それを知れば知るほど興味をそそられるわけですね。

あと、ローズ精油やローズ・ウォーターはスキンケアや神経系を鎮静させたり女性特有の疾患によいとよくいわれているのですが、最近の研究で集中力を高める作用もあるということがわかってきているそうです。
今までリラックスの作用があるというのが有名でしたが、集中力ももたらすとは・・!
今後の研究に期待です。

以上、NARD講習の報告でした!
aroma-color | harb・サプリメント | 17:41 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH