<< 歯のホワイトニングにティートゥリー | top | 映画「パヒューム」女の人の身体に塗っているのは何? >>

精油ブレンド濃度<濃いときはどうするの?

精油をブレンドする時、普段使いなら1〜3%濃度で使用するので、その計算方法はこちらに書いたとおりでOK。
精油ブレンド濃度の記事


でも、ナードアロマテラピーは10%、20%と濃度高めでブレンドすることもあります。
そのときは、この計算方法ではNG。
10%以上の濃度だと計算の仕方が変わるので注意しましょう。

例えば20%濃度の5mlのブレンドオイルを作りたい。何滴精油を入れたら良いか?
というときに、20%といったら、全体の5分の1を占めるので、従来のやり方では計算できなくなります。

5ml×20%=1ml ・・・5mlのうち何mlが精油か計算

精油ビンからたらす1滴を0.05mlとして(文献によってmlが違う場合もあります)換算するので

1ml(の精油)÷0.05ml=20滴

よって、キャリアオイルは4ml(全体5ml-精油1ml)ということになりますね!

濃度が高いブレンドは、精油が及ぼす作用を強く出したい、即効性を出したいという時に使ったりします。
(使うときは信頼できるアロマセラピストに事前に相談して下さい。)
他にもあざによいヘリクリサムを高濃度でキャリアオイルとブレンドするときもありますが、これは一本がお高いので(5mlで9,030円!)薄めてちょっと節約、なんていう使い方だったりして・・・;
それでもあざにはききますけどね!
aroma-color | 香りの雑学・知識・お話 | 17:33 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH