<< ナードアロマテラピーアドバイザーコース始まりました | top | 香りは嘘をつかない >>

フォーマルは黒

舞踏会文化伝承倶楽部 SPACIALS の酒井様と、男性のフォーマルファッションについてお話させて頂きました。
 
例えば燕尾服。
中のシャツは、正式なものは白無地でイカ胸ウィングカラー、スタッド釦仕様を着用で袖口は「シングルカフス」とのこと。
でも、私が持っている百貨店から頂いたフォーマルファッションパンフレットには「ダブルカフス」と書いてあります。
「ダブルじゃないのですか?」
「違います」

昔は当たると痛いほど硬い袖口をシャツ職人が作っていました。
そんな硬い袖口をダブルに折り曲げることは不可能で、シングルのカフスしか無かったのです。
これが正式。
でも現在はそこまで硬い袖口を作ることは逆に難しく、正式なシャツを持っていない人達がダブルで代用している場合もあります。

へぇ〜!
それにしても、当たると痛いほど硬い袖口って・・・;

そしてタキシード。
持っているパンフレットには、ベストは白、赤、青などカラフルなものがずらりと並んでいました。
でもそれは
「間違っている」
らしい!

本来は蝶タイもカマーバンドもベストも黒無地のみなので、フォーマルな場所に色つきのベストを着用していくのはNGなのだそう。
「ではなぜこのパンフレットにカラーベストがあるのでしょうか?」

答えは簡単、夜のフォーマルシーンの服は黒白のみ、でもそのモノトーンばかりのものしかお店においていないと、お客さんの眼に留まりにくいということがあるそうです。
なのでカラーバリエーションを取り入れたベストなど置くことで、人目をひかすのだとか。
本来色柄物の蝶タイやベストはタキシード用ではなく、スーツやブレザーに合わせる物で、そういう需要の為に置いてあるのならば正解だそうです。

なるほど〜と思いました。

公式な場所では、(男性について)色を外して着こなすという考えはないのですね。

すべての色を飲み込む黒。
黒は厳粛で品格があり、威厳さえも感じます。
フォーマルシーンでは、威厳や品格がブレないように、、、という意味もあるのでしょうか。
気になりますね。
aroma-color | color_black | 15:12 | comments(2) | - | - | - |
Comment
昔、結構式に色は黒なんですが
腕の一部がシースルーっぽいジャケットを
着ていったんですが、やはり正式な場では
ちゃんとした礼服の方がよかったかな
でも価格が低い服の黒って
なんだか黒じゃない気がするので
礼服にまで手が出なかったんですよね・・・

posted by MAKOTO ,2007/10/14 3:14 PM

>MAKOTOさん
ははは、なんともいえないですよね〜;
結婚式がしっかりとしたフォーマルなものであればきちんとした方がよいのかな?カジュアルなものであれば、それほどきっちりしていかなくてもいいかな、と思います。
なんていってるけど、私がアドバイスできたことじゃないんですよね;;;
失礼しました。

確かに黒って正直価格帯によって質感に差がでますよね。
シンプルだからこそ、わかってしまうのでしょうね。

posted by あつ子 ,2007/10/14 3:14 PM











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH