<< ポーラ ザ B.A. グランラグゼ | top | 浜崎あゆみの香り >>

カクテル・ドレス(カラー・ドレス)の色

お友達が年末に結婚式を挙げるため、カクテルドレスを何枚か試着したとのこと。
お友達は少しパーソナルカラーを勉強していたため、自分の「スプリングタイプ」のカラーをはりきって試着したのだけど、イマイチしっくりこなかったといってきました。

デジカメで確認すると、かわいいピンクなど似合うはずなのに、ぼんやりとした印象で確かに何かが違います。

これは「色の面積効果」のせいではないかしら?
『同じ色でも、小さな面積でみるのと大きな面積で見るのと色の見え方が変わってくる。
明るい色は大きな面積で見るとより明るく見えてしまい、暗い色はより暗く感じてしまう。』

面積が色の見え方に関係しているのですね。

例えば、壁の色見本帳でみるサンプル色と、実際に壁紙(クロス)で使ったときの色の違い。
サンプルだけで見る色は面積が非常に小さいため、実際出来上がったとき色の見え方・感じ方が変わるといわれています。
明るい壁がいいと思って色見本帳で明るい色のクロスを選択、でも実際に出来上がったのを見たら、想像していたものより明るく、まぶしく見えてしまったなど・・・

そのため、明るい色の壁にしたいときは、色見本帳では気持ち暗めの色を選ぶとよい、というのはよく聞きます。

               
   

多分この効果がカクテル・ドレスにも出たのだと思います。

お友達はスプリングカラーにふさわしいかわいいピンクやうすいオレンジなどを選んでいたようですが、身体全体にそれ一色をまとうことでより「明るく(明度が高く)」見えてしまい、本来の色の強さは失われ、ぼんやり〜とした印象になってしまったのでしょう。

さらにカクテルドレスはオーガンジーやすけたサテンで覆われていたので、光が拡散してより白っぽく光ったように見えてしまったのだと思います。



もう少し鮮やかさをプラスした色はどうか、とか、何色か組み合わせになったドレスはどうかなどとアドバイスしました。

ちなみにロイヤルブルーのドレスも試着したようで画像を見せてくれました。
画像で見ると確かに「映える」のですが、メイクを濃くしないと全体的にまとまらない、顔がついていかない感じです。
お友達の「らしさ」がそこには表れていなかったので、それよりこちらはどう?とすすめておきました。

ドレス選びは大変ですが、人生のハレの日、自信をもって、幸せいっぱいでお式に出たいものね・・・☆
いつまでもお幸せに・・・!
aroma-color | パーソナルカラー、カラーコーディネート | 13:15 | comments(2) | - | - | - |
Comment
面積が色、そんなものがあるのですね。意識したことなかったです。確かに黄色のサンプル。大きい方が明るく見えます。
なるほどな〜って思いました。

posted by lu-mei ,2007/10/14 1:17 PM

>lu-meiさん
今年もよろしくお願いします・・☆

そうなんです、色の面積効果というものがあるんですよ〜
色の配分には気をつけたいですね!

posted by あつ子 ,2007/10/14 1:18 PM











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH