<< 1116の日 | top | 2006 ボジョレーヌーヴォーを楽しみました♪ >>

red「心理作用」 気をつけること

赤のマイナスイメージ。

・自己中心
・苛立ち、怒り
前に出る気持ちも、周囲への配慮がないと自己中心になりがちです。
例えば赤いスーツを着た人は、インパクトありますよね。
赤色が膨張色で大きく見える、誘目性が高く目立つという物理的な理由があったとしても、近づくと勢いに押されそうなんて思ってしまうこともあるのではないのでしょうか。
真っ赤な服でキメたい時は、自己中心に見えないようわきまえて、周囲への配慮をした方が賢明かもしれません・・!

また、頭がヒートアップしているときにも出てくる色。
「真っ赤になって怒る」なんてよく言ったものです。
私も怒りが激しい時に選ぶ色はやっぱり赤。
白い紙にクレヨンの赤色でグワーッと書きなぐりたくなります(というか書きなぐります)
書いた後は、たいていスッキリしますね〜。

本能のまま書きなぐるので、出来た作品(?)はまるで抽象画アーティストのようなできばえです(笑)

ほかに、愛情に飢えているときにも出てくる色。
両親や恋人など真剣に愛されたいと願う、または自分自身を愛したいと思う表れ。
それが、焦りや何かに追い立てられていると感じることもあるので、そんなときはちょっと立ち止まってリラックスしてみましょう。
補色の緑や、気持ちを緩めるピンクなど意識してみるのもいいかもしれません。

昨日書いた「私の大学時代=赤の時代」、この頃よく両親とけんかをしていました(^^;ゞ
自己中心だったことはいうまでもなく、「何で私のことを分かってくれないの?」と勝手な愛情を求めていた時期でもありました。
赤のこういう心理が隠されていることを知っていたら、もうちょっと冷静になれたかしら??
まぁそれでもその頃の私は私、今の私を作ったと思うと大切な時期だったんですけど、ね!
aroma-color | color_red | 21:09 | comments(3) | - | - | - |
Comment
大切な事って、あとになってから
気がつくものですよ。
あつくなっている時は、
みえないものですから。
私もそうだし。

posted by 怜香 ,2007/10/13 9:11 PM

赤いハート
以前カラーセラピーの授業を受けたとき、
赤い色鉛筆で自由に紙に書いてみましょう。と言う課題で、
紙の真ん中に大きな赤いハートを書きました。
今回の愛情に飢えている・・正にそんな感じ!?

posted by イシイ ,2007/10/13 9:12 PM

>怜香ちゃん
そうですね(笑)
それを大切にしていきたいですね・・!

>イシイさん
えっ愛情に飢えている・・のですか!?
情熱的に誰かを愛している、または自分を愛しているなんていう見解もあるかしら?笑

色えんぴつやクレヨンでも、自分の心を映し出してくれますよね。
ちょっと気にするだけで、微妙なココロの変化を感じられるので、いつも気にかけています♪
イシイさんもきっとそうですよね^^☆

posted by あつ子 ,2007/10/13 9:12 PM











01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
月光浴
月光浴 (JUGEMレビュー »)
新井 満, 石川 賢治
月の光で心を洗えそうな写真集。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH